ファイル to ファイル・トランコーディング

SelenioFlex ファイル to ファイルのメディアプロセスソリューションは、トランスコードとワークフロー機能をシームレスに融合し、ポストプロダクションやマルチスクリーン配信向けのアーカイブといった用途で、優れた品質を備えた包括的な幅広いフォーマットへの対応を提供します。SelenioFlex File には、Zenium™ ワークフローマネージャ(カスタマイズ可能な基盤アーキテクチャを利用できるアジャイル・ソフトウェアエンジン)が組込まれており、ダイナミックなシステム管理環境を提供し、運用中に要求される機能やライセンスへ簡単にアクセスできます。この意思決定に基づくメディアプロセスワークフローは、インテリジェントな自動化と優れた拡張性を容易にし、直感的で一貫性のあるインターフェースで簡単に一台から管理できます。

放送局やメディア企業は、様々なプラットフォームを駆使した運用の合理化と、自分たちのリソースやコンテンツ資産活用の最大化に注目しており、SelenioFlex ソリューションの分散処理における柔軟性はニーズにフィットした優位性と言えます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

機能

  • 標準のサーバーまたはブレードシステムにインストールできるソフトウェア製品(ホストシステム対応可能 *オプション)
  • QuickTime ProRes や MXF、LXF、GXF、TS などを含む、様々なフォーマットに対応した入力に、ネットワーク分散型のファイルベーストランスコードおよび多重化変換が可能
  • 4K / UHD および HD、SD フォーマットの、HEVC, H.264、HLS、MPEG DASH、UltraViolet CFF、MXF、GXF、MPEG-2 TS、MPEG-2 PS、Dolby Digital Plus、DTS Audio、WAVE、PCM、AAC などのファイルフォーマット出力に対応
  • 様々なメディア操作機能に対応(スケーリング、インタレース除去、ビデオ合成 / オーバーレイ、静止画オーバーレイ、メタデータ操作、字幕オーバーレイなど)
  • スタンドアロンのワークステーションソフトウェアアプリケーションとしてインストール可能

トランスコードからその先へ

SelenioFlex File メディアトランスコードソフトウェアとその基盤となる Zenium プラットフォームは標準的なトランスコードプロセスを凌駕し、まったく新しいレベルの効率性、俊敏性、スケーラビリティ、管理性、およびワークフロー設計の柔軟性を提供します。

SelenioFlex File と Zenium によって以下のことが可能となります:

ウォッチフォルダの削減

UHD、HD、SD といった異なる解像度や、異なる縦横比、その他様々な組み合わせの入力特性を処理するために複数の監視フォルダーを管理していませんか? Zenium の自動意思決定機能は、ソースのプロパティとメタデータを検出し、それに応じてワークフローを調整することが可能なため、監視フォルダの数を最小限に抑えることができます(この論理分岐処理は、外部のデータソースに基づいて意思決定を下すスクリプトと組み合わせることも可能です)。監視フォルダーが少ないということは、管理が容易になってミスの可能性を減少させることに繋がります。

再圧縮なく再パッケージ化

Zenium ベースのエンジンを使用すると、様々なコンテナフォーマット間でビデオやオーディオメディアを再圧縮することなく再パッケージ(再ラップまたは再多重化)することができます。アーカイブされたメディア資産を従来のサーバー形式から最新のコンテナ形式へ移行、トランスポートストリームファイルをアダプティブストリーミング用に HLS 出力するセグメント化とパッケージ化、オーディオチャンネルの再マッピングまたはメタデータの更新、再エンコードせずに再パッケージ化すると言うことは、品質が維持されつつ効率が最大化されるということです。

“安定した” オーディオレベル

様々な国の規制要件が存在しますが、一貫した知覚オーディオレベルを保証することで、視聴者にとってより快適な視聴体験が提供され、視聴者とのエンゲージメントが向上します。Dolby などから提供されるラウドネス補正オプションは、Zenium ベースのエンジンで利用可能です。ATSC A / 85(米国の CALM 法)や EBU R128 および ITU-R BS.1770-2 仕様、その他にも準拠しています。

キャプションの変換

Zenium ベースのエンジンは、拡張された SMPTE RP2052 ごとの SMPTE Timed Text 対応と、フレームレート変換における CEA-708 クローズドキャプションの解析とパススルー、リタイミング(同様の CEA-608 既存機能に加えて)が、堅牢なクローズドキャプション機能(608 のみのソースからの CEA-708 キャプションの作成などの高度な機能を含む)をさらに拡張させます。

ワークフローを管理

付属の Zenium Workflow Designer を使用して、ビデオおよびオーディオ処理の基本的なものから、複雑なマルチステージワークフローまで、必要となるワークフローを正確に視覚的に設計することができます。コアの機能とワークフローのステップを好みの順序で組み合わせることができ、典型的に事前定義されたリニアな構造に邪魔されることなく、ワークフローの任意の時点におけるデータを調査し、結果をプレビューする機能によって、テストと改良が容易になります。

リッチなメタデータを管理

入力ソースで利用可能なすべてのデータ(タイムコード、キャプション、メタデータなど)にアクセスし、ワークフロー全体を通して保つことが可能です。利用可能なデータソースはワークフローの設計やテスト中に表示され、限定的で一般的なタイプの選択肢だけでなく、あらゆるメタデータやソースプロパティを使用してタスクを構成したり、自動の意思決定を実行したり、出力用に変換したりできます。

継続した適応力

ワークフローを自動的に適応させる Zenium の機能は、たった 1 回限りの分析に制限されません。コンテンツおよびメタデータは、フレームごとまたはサンプルごとに継続的に分析され、ひとつのソースファイル内でも変化する特性(ミックスされたオーディオタイプ、ミックスされた AFD アスペクト比管理コードなど)に合わせて自動的に調整して処理が可能です。

より簡単なアップグレード

Zenium の柔軟なコンポーネントベースのアーキテクチャと動的なリポジトリベースの構成モデルによって、操作を中断することなく簡単にアップグレードでき、個々の機能および Zenium エンジンを設定調整することなく更新できます(例えば、MPEG-2を現状のまま維持しながら、新しい HEVC または H.264 エンコーダへのアップグレードする。または、他のプロジェクトには手を加えずに、一部のプロジェクトの拡張機能を利用するなど)。これにより、アップグレードが大幅に合理化され、はるかに細かく制御できるようになります。特定のバージョンに基づいた出力を、クライアントが「認定」する際などに最適です。

柔軟な構成

Zenium のダイナミックな構成には、フローティングライセンスも含まれており、特定のホストシステムにロックすることなく、同時に実行する必要な数に基づいて、Zenium ベースのエンジンやコンポーネント(コーデックなどの機能)のライセンスを購入および調達が可能です。機能ごとにでも、ライセンスはプロジェクトの要求に基づいて自動的に企業内の様々なシステムに再構成でき、単一の集中管理サーバーから複数の分散した場所に渡って管理できます。新機能の追加やエンジンの追加は、セントラルライセンスパッケージを更新するのと同じくらい簡単です。

より正確な処理

Zenium ベースのエンジンは、一般的な変換ツールで見られるビデオ処理のビット深度の制限を克服し、16 ビット精度の堅牢なパイプラインを提供します。優れた処理精度を提供することに加えて、16 ビットパイプラインは 12 ビットの JPEG2000 圧縮のようなフォーマットの完全な取り扱いを可能にし、DPX や OpenEXR といったフィルムベースの画像フォーマットの今後のサポートも視野に入れています。

プロセスの段階ごとにグループ化

Zenium によって得られる強力な効率化の 1 つとして、ワークフローグラフ内で様々なステップを同時並行して処理できることです。これらプロセスのグループを連結した処理にしたい場合(例えば、外部の受信者へ配信したり E メールで通知したりする前に、出力ファイル全体を生成したい場合など)、複数のグラフを組み合わせて多段階のワークフローにすることができます。次のステップに進む前に各グラフの段階は完全に完了しています。

最善のテクノロジを組み合わせる

Zenium の柔軟なアーキテクチャと、サードパーティテクノロジパートナーとのエコシステムが急速に拡大し、お客様とパートナー製コンポーネントを「マッチした組み合わせ」を創ることで、ニーズに最適なワークフローを作成できます。代替コーデックの実装から自動インライン品質管理のようなパートナー製品まで、選択肢はあなた次第です。

お問い合せ

* のある項目は必ずご記入ください。